FC2ブログ

動くイラストと猫漫画

≫2020年01月03日

JR九州「お年玉乗り放題きっぷ」その2

前回の記事の続きです。
「1日乗り放題2400円で門司港に行ったよ」という話のつづきです。
特急にちりんの後ろには寝台特急が2種類ありました。

↓クハネ581形「月光」
月光

月光
この形ができる前は、動力のない寝台車を機関車が引っ張るシステムだったので
機関車のやりくりが大変だったらしいです。
そして、昼は普通車・夜は寝台車に変身できて客車に動力もついているこの形が誕生し、劇的に寝台車の本数が増えたらしいですよ。
月光

展示しているのは昼の形なので寝台部分は格納されています。

もう一つの寝台車は特急さくら↓
さくら

さくら

スハネフ14形。カタカナ4文字の型番は珍しいですね。
ス・・・スチール製
ハネ・・・B寝台
フ・・・普通車かな?
まさにブルートレインという色ですね。
この車内は寝台形式ですが通路の片側だけに上下2段の寝台が向かい合わせに配置されているので
普通車なら8人座れるスペースが4人分しか使えないので寝台料金が高かったのもわかります。

そして、館内に入ると右手にジオラマがあります。
鉄道記念館

中央にとまっている茶色のいさぶろうしんぺい号は、ループ状の線路をスイッチバックして上ります。スイッチバックのあるジオラマは珍しいかも。

外へ出るとミニトレインが走り回る広場があり、ファミリーに大人気です。
1回300円で運転できます。

tetsudokinenkan004.jpg
分岐点では信号が赤のほうが止まって待ちます


鉄道記念館
今では走っていない旧型のソニックも。


鉄道記念館
門司港駅休憩スペースに停車中の現役787系と
ミニトレイン885系のコラボ↑


鉄道記念館

その外には先頭部分だけ展示されている3列車↓

鉄道記念館

運転席に座ることもできます↓
tetsudokinenkan009.jpg

赤いみどりは「みどり」という列車名なのに真っ赤なので
「赤いみどり」と、どん兵衛みたいなあだ名をつけられていました。

この続きはまた明日o(^▽^)o ニコッ♪



関連記事

JR九州お年玉乗り放題きっぷで門司港行ってきた

JR九州が正月3が日だけ売り出す「1日乗り放題きっぷ」2400円を使って
門司港に行ってきました。
きっぷ
最寄り駅から門司港までは2170円ですから往復するだけで1940円もお得です。
2年前は、このきっぷで「祐徳稲荷・筥崎宮・南福岡・帰宅後二日市往復」5000円近く乗りました。
今回は、予定では
  1. 門司港駅舎見学
  2. 鉄道記念館
  3. トロッコ列車でめかり広場へ
  4. 和布刈神社参拝
  5. 関門トンネル人道で下関へ
  6. 唐戸から船で門司へ戻る

という予定でしたが、なんとトロッコ列車がお休みで
  1. 門司港駅舎見学
  2. 鉄道記念館
  3. 地元グルメ
  4. 船で唐戸へ
  5. 海響館(水族館)
  6. 船で門司へ戻る
という、予定と違う行動になってしまいました。

記事が多いので今回は鉄道関係の写真を紹介します。

まず乗り込んだ電車が旧型の411系でした。
「ロングシートで2時間はキツイな~」と思いましたが
博多止まりなので実際は40分ぐらいです。
「レア車に乗れるのもラッキーかも」と考えることに。
↓は桜の頃に撮った411系の鋼鉄製電車
sakura415k-2019.jpg

先頭のかぶりつきに陣取ると運転席はこんな感じ↓
415系
運転士さんは、みんな個々の電車のクセをメモした虎の巻ノートを持っていて
それを見ながら運転します。
そして、今回気がついたのは運転席の真ん中には、
懐中時計をセットするくぼみがあるということ。
博多から乗り換えた813系の運転席にもあります↓
813系
腕時計はデジタルでおそらく秒単位で正確な時間がわかるようにしているようです。
そして、手袋の人差し指にはビニールテープが巻いてありました。
虎の巻のページがめくりやすいようにだと思います。
また、運転席のドアにはこんなシールが↓
813系
たぶん運転士さんが携帯を使っていると「けしからん」と
クレームを入れるおばかさんがいるからだと思います。

2本の快速を乗り継いで門司港には10時半すぎに到着。
門司港
門司港駅のホームは終着駅にありがちなクシ形ホームです。
正面のマークは終点のしるし。
前回来た時は工事中で幕に覆われていた駅舎が見えてきました。

門司港
きっぷ売り場も昔の門司港を再現したデザインでレトロ感たっぷり。
自動販売機が異質な感じ。
正面は昔の門司港駅が見事に再現されていました。

mojiko002.jpg
昔の駅舎↓(待合室掲示板より)
門司港

鉄道記念館は駅から徒歩3分のところにあり、以前一度来たことがあります。

鉄道記念館

入館料は大人300円。安いです。

鉄道記念館

館外にはかつて九州を走っていた実物車両が展示されています。
上はSLの59634形とC59形。
お正月らしい飾り付けされていて、
前回はなかった蒸気機関車の汽笛や走行音などがスピーカーで流れていました。
EF10
初期の電気機関車EF10↑
どの車両もピカピカに磨き上げられていて
今にも動き出しそうです。
ED72
この色はローズピンク、いわゆるローピン色でしょうか。
ED72形電気機関車。
今走っているローピンは茶色に近い色ですが
この色ならローピンと呼ばれるのもわかる気がします。

キハ07
昔の気動車(ディーゼル車の客車)キハ07
この形は子供の頃の記憶にありません。
相当古いのか自分が東京育ちだったからなのか。。。
でもこの色は急行によく使われていましたね。

にちりん
ボンネット型クハ481の特急にちりん
この特急型は子供の頃はあこがれでした。
一度も乗ったことはありませんが、上野駅や東京駅でよく見ました。
最初の0系新幹線のモデルになったらしいですね。

中に入ったら、なんと最新号のプリーズがありました。
JR九州の特急には必ず置いてあるフリーペーパーです。
もちろん1冊ゲットしました。
現代と過去がここでコラボしているなんて、にくい演出ですね。
にちりん


時間がないのでここまでで一度終わります。
続きはのちほど。

続きはこちら






関連記事

 | HOME | 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シンプルアーカイブ


シンプルアーカイブの使い方

プロフィール

ちいこ

Author:ちいこ
「動くイラストフリー素材」で検索して下さい。
運営サイトが出ます。
約3000点のフリー素材があります。

FC2ブログカウンター

ヤフー続きカウンター

各種ランキング

応援ありがとうございます。
[ジャンルランキング]
コンピュータ
116位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
5位
サブジャンルランキングを見る>>

リンク・おすすめサイト

このブログを自分のリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -